サイバーハイジーン(Cyber Hygiene : サイバー衛生):事業継続のためのサイバーセキュリティを支援するWINDLAB合同会社(WINDLAB LLC)

サイバーハイジーン(Cyber Hygiene : サイバー衛生):事業継続のためのサイバーセキュリティを支援するWINDLAB合同会社(WINDLAB LLC)

- English Follow -
WINDLAB合同会社は、目に見えにくいリスクのリスクマネジメントに特化したサービスを行う研究所です。
サイバーハイジーン(Cyber Hygiene : サイバー衛生)を中心とするITリスクマネジメント(サイバーセキュリティ)と組織や家庭での人に関するリスクマネジメントに強みがあります。
どちらも組織や家庭に大きな影響を及ぼします。

WINDLAB LLC is the Risk Management Laboratory. WINDLAB specialized in IT Risk Management (Cyber Hygine / Cyber security) and Human Resource Risk Manage mant. Both are invisible factor what affects company and family.

WINDLAB合同会社 代表ご挨拶



代表 佐藤 浩義

 

私はサイバーセキュリティ・コンサルタントとして、リスクマネジメントを仕事としています。
今までベンチャー企業の一人情シスを3年、外資系IT企業でシステム構築とビジネスモデルの改善を21年お手伝いし、メガバンク系シンクタンクでITインフラの整備運用と、サイバーセキュリティを13年担当してきました。
現在もサイバーセキュリティの第一線で、海外を含む様々なお客様に対応しています。
それらの経験に加え、「目に見えない構造」が与える影響をテーマとして研究しています。

 

法令規則による強制、個別の事情、予算など、会社や組織によって最適なサイバーセキュリティ対策はそれぞれです。
私は、IT環境のセキュリティ高度化の方策として、「サイバーハイジーン(Cyber Hygiene : サイバー衛生*1)を中心に据えています。
「サイバーハイジーン(Cyber Hygiene : サイバー衛生*1)とは、組織のIT環境健康診断です。
企業の従業員の健康維持のために定期健康診断が義務付けされているように、企業の事業継続にはIT環境の定期健康診断が必要です。
このIT環境の定期健康診断と指摘事項の改善を通して「サイバーハイジーン(Cyber Hygiene : サイバー衛生*1)を改善しなければ、事業継続は危ういと言えます。
WINDLABは事業継続のためのサイバーセキュリティ耐性(サイバーレジリエンス)向上を支援します。

 

*1 サイバー衛生(Cyber Hygiene)あるいはサイバーハイジーンは、セキュリティ対策に関する実践の事です。エンドポイント、ネットワーク、データなど、組織の様々なIT環境を調査し、脆弱性を検知し、管理していく行為を通じて、ITセキュリティ環境が良好な状態に保つ事を言います。

 

 

法人のサイバーセキュリティとリスクマネジメントは、こちらをご覧ください。

 

個人様向けリスクマネジメントサービスは、こちらをご覧ください。

 

お問い合わせは、「お問い合わせ窓口」からお願いします。

 

プライバシーポリシーは、こちらをご参照ください。

 

サイバーハイジーンのWINDLAB

 

 

サイト内の他社商標については、それぞれの会社に帰属します。
<禁無断転載・禁無断引用・損害賠償予定額60万円・取材拒否・出演辞退>