2022年01月の暦

January

2022年01月の暦

 

暦から傾向判断する事を、暦読みと言います。
この場合の暦は、旧暦です。
ですから2022年01月の暦は、暦読みからすれば、1月5日から2月3日です。

 

2021年は六白中宮の「地火明夷」(ちかめいい)になります。

 

2022年01月 三碧:地火明夷の時

 

全体感:
この月節は非常に特殊です。翌年の五黄の影響が既に出ていると観ます。
歳年と月節が同じ「地火明夷」であるために、天も地も「地火明夷」な状況です。
「地火明夷」は、夜明け前のまだ真っ暗の状態です。
こんな状況で動き出すことは死を呼びます。
真っ暗な状況では草も伸びません。
全てが萎縮して何が起こるのか身構えている状況。
四柱推命で言えば、月柱空亡に大運空亡、歳運空亡が重なったような状況で、事故を起こさない方がおかしな状況です。
普通のことが普通として取り上げられない時。
節と自分の分を守る時。外見だけで判断しては失敗する。
「能ある鷹は、爪を隠す」が最もふさわしい時です。

 

1月5日〜1月9日
何事も破れや触りが起こりやすいので、素早く退却すべき時。

 

1月10日〜1月14日
逃げるだけ逃げたいが、逃げおおせない。次に繋がる苦難なら受け入れるべき時。何事においても処置を素早くするべき時。

 

1月15日〜1月19日
優しく穏やかな手段を取るべきだが、最後には決断を求められる時。傷害の危険あり。騙そうとするものもあり。
叩かなければならない相手は、断固として叩く時。

 

1月20日〜24日
万事において束縛を自らといて逃れるべき時。利益を諦めることや、他人の口車から逃れるという意味もある。
隙を見て逃げるべき時。止まれば必ず大きな災厄に見舞われる。避難警報が出ていても、とどまって大きな災厄にある時。

 

1月25日〜1月29日
何事においても思うようにならない時。圧迫、迫害を受け、非常に苦労する時。現状を守る以外に手はない。

 

1月30日〜2月3日
勢いに任せて行動して、他を害した報いを受ける。
謹んで吉。

 

 

 

個々の業種や個人については、日や時刻の状況、相手をどう動かすか、
こちらの動き方をどうすべきかなど、考慮事項が増える為、
個別に見なければなりません。
別途ご相談ください。

 

 

 

お問い合わせは、「お問い合わせ窓口」からお願いします。