2021年10月の暦

Autumn falls in

"Hot Sulphur Springs -- Bridge: October ( 3 views )" by Loco Steve is licensed under CC BY 2.0

 

2021年10月の暦

 

暦から傾向判断する事を、暦読みと言います。
この場合の暦は、旧暦です。
ですから2021年10月の暦は、暦読みからすれば、10月7日からです。

 

2021年は六白中宮の「地火明夷」(ちかめいい)になります。

 

2021年の全体感
陽はまだ昇ってこない。まだまだ暗くて、先が見通せない。
普通のことが普通として取り上げられない時。
節と自分の分を守る時。外見だけで判断しては失敗する。
「能ある鷹は、爪を隠す」が最もふさわしい。指導者が欲を出すと、全てが台無しになる。
初めは良いかもしれないが、徐々に悪化しとんでもない災厄を生じる。

 

年から見た10月7日~12月6日は、
「何事においても思うようにならない時。圧迫、迫害を受け、非常に苦労する時。現状を守る以外に手はない。」
なんだか救いがないですね。

 

2021年10月は暦の上で六白中宮「地山謙」、偉そうな六白が謙虚にするというので、中庸です。
「自ら才能を隠して、静かに時を待つべき時。」
「地位が高かったが、今は落ちぶれている。ただし、心は汚れていない時。これから信用を培い、上昇機運にある。」

 

という事で、信用を謙虚に築いていく時のようです。
勉強してお客様のためになるネタを仕入れるときという事でしょうか。

 

年の六白中宮「地火明夷」から来る、
「逃げるだけ逃げたいが、逃げおおせない。」「次に繋がる苦難なら受け入れるべき時。」
「何事においても処置を素早くするべき時。」が前提にありますので、とにかく地道に大きな目標ではなく、目の前のことに集中しましょう。くれぐれも、うわついた心は厳禁です。

 

10月6日~11月6日までが対象ですので、5日平均で変化が訪れます。
勿論暦はデジタルでは無いので、徐々に連続して変化します。
グラデーションを描くと思ってください。

 

 

全体感
「自ら才能を隠して、静かに時を待つべき時。」

 

10月7日~10月11日
 これまでやってきた事をコツコツと守っていくべき時。積極策は全て失敗する。
 まるっきり、年の状況と同じなのでここで動くのはあり得ません。

 

10月12日~10月16日
 全てにおいて先頭に立つべきでは無い時。みだりに分外のことに手を出さない事。
 上記を守れば、物質的な利益や幸福は得られる。

 

10月17日~10月21日
 やりがいのある苦労が多い。最後まで貫き通せば吉。
 色情の間違いには注意を要する。

 

10月22日~10月26日
 他の意見や技量を取り立てていけば吉。
 自分を抑え、他の人の良いところを前面に押し立てていくべき時。

 

10月27日~10月31日
 全てにおいて難しい立場にある。
 積極的に行けるほど実力も基礎もないが、消極的に過ぎれば、他からの侮りを受け衰退する。
 近親者の援助を仰ぐとき。

 

11月1日~11月6日
 他からの疑惑を受け、強硬策を取らざるを得ないように追い込まれる。
 そのような事態にならぬ様に、用心しておくべき時。

 

なお、10月20日~11月6日は秋の土用なので、要注意です。
掃除や身の回りの整理をしましょう。

 

個々の業種や個人については、日や時刻の状況、相手をどう動かすか、
こちらの動き方をどうすべきかなど、考慮事項が増える為、
個別に見なければなりません。
別途ご相談ください。

 

 

 

お問い合わせは、「お問い合わせ窓口」からお願いします。