時代を冷静に見つめられるプロフェショナルしか残れない時代

希望を挟まない現実を見つめる眼差しに、プロフェッショナルの経営者の姿を見た気がします。

豚組しゃぶ庵さんの記事を読みました。

 

希望を挟まない現実を見つめる眼差しに、プロフェッショナルの経営者の姿を見た気がします。

 

既に飲食は難しい時代に入っています。
それはコロナがあろうがなかろうが、構造としてそこにあったことはご存知だったに違いありません。
だからこそ、今決断されたのだろうと想像します。

 

これからは残念ながらと言うか当然と言うか、経済的な成長しないもしくは縮小する時代においては、本当にプロフェッショナルなサービスを提供できるものしか残れません。

 

プロフェッショナルとは、手を抜かない人です。
細かな所まで心を配り最悪の事態を想定し、顧客視線で冷静に自分のサービスの質を見直す。

 

本当のプロフェッショナルしか生き残れない時代になってしまいました。

 

経営とはとどのつまり「資金繰り」と「人繰り」だと、私の師匠の一人から教わりました。その前提として、お客様がある。そのお客様視線が自分たちにどう注がれていて、どう見えているのか。
それが最低線だと分かったとき、なぜこの事業を始めたのかと言う疑問が湧いてしまいます。
それがビジネスの厳しさであり、醍醐味なのだと。

 

リスクマネジメントは、「シシュポスの神話」の様に山の上に岩を押し上げつづける存在だと書きました。経営者は尚更です。リスクマネジメントを担当するのは、一コンサルタントや役員にすぎません。
経営者はさらに従業員の生活をも背負いながら、山の上に岩を押し上げるしかないのです。