法人のリスクマネジメントの要諦記事一覧

IBM CEO Lou Gerstner ca 1995. Black and white photo by Kenneth C. Zirkel私はその昔、21年間外資系の会社にいました。その外資系の会社は世の中で名が通っており、一定の評判をもち、尊敬もされていました。その会社の特許なしでは、現在のコンピュータ社会は存在しないほどです。しかしどんなに優れた会社で、たくさんの人材を抱え、資金も豊富に...

日々いろいろな話に接しています。あまりにもそのいい加減さに辟易とするくらいです。日本有数の大きさを誇る大学の次期学長が、かつて問題を起こした運動部のその当時の担当だとか。明確に報道を否定しない政府だとか。政策の説明をしない大臣とか。政策を立案しない野党とか。どう見ても壁に大きなズレができている豊洲市場とか。臆面もなく自分の発言を「そんな事言ってない」と言い切れる、都知事とか。その某都知事に至っては...

前の投稿の続きです。では、組織にとって最大のリスクは何か。組織にとって最大のリスクは、「トップ」です。「誰がトップなのか」「誰をトップにするのか」であることは、前の投稿をお読みになっていれば容易に推定できるでしょう。組織にとっての最大のリスクは、その時の組織のトップが誰なのかということです。トップが時代にあった人ならばよし。最悪は自己保身が強く、ヒラメな人だった場合です。ヒラメは自分が頂点に達した...

タイトルは、私の師匠の一人である内田先生が22年前に言い始めた事です。22年も前ですよ?日本セキュリティ・マネジメント学会機関誌 12(4), 1, 1998-01-01http://www2.gol.com/users/uchidak/intrnet/intnet02.htmに載っています。ですが、まだまだ日本ではこの先生ご指摘の課題は、ほとんど手付かずのままです。昔から人間の性質を、「性善説」...

皆さんは、ゼロトラスト・ネットワークと言う言葉を聞いたことがあるでしょうか?もちろんと言う方は、おそらくネットワーク関連のセキュリティ周りの人でしょう。ゼロトラスト・ネットワークの考え方自体は、2010年頃にフォレスタリサーチのキンダーバーグ氏の言い始めたことの様に記憶しますが、日本で話題に上る様になったのは、2018年頃だったと思います。一言で言えば「Verify and never trust...

豚組しゃぶ庵さんの記事を読みました。希望を挟まない現実を見つめる眼差しに、プロフェッショナルの経営者の姿を見た気がします。既に飲食は難しい時代に入っています。それはコロナがあろうがなかろうが、構造としてそこにあったことはご存知だったに違いありません。だからこそ、今決断されたのだろうと想像します。これからは残念ながらと言うか当然と言うか、経済的な成長しないもしくは縮小する時代においては、本当にプロフ...

"People" by kevin dooley is licensed with CC BY 2.0. To view a copy of this license, visit https://creativecommons.org/licenses/by/2.0/企業や組織にとって、人の問題は深刻なものです。小規模な会社にとって、正直に言えばあまり人を雇いたくはないけど、雇おうとしても思う人...

"Money" by Molly DG is licensed with CC BY 2.0. To view a copy of this license, visit https://creativecommons.org/licenses/by/2.0/ビジネスを実行する上では、「個人としてのお金の問題以上の課題」を抱え込むことになります。個人事業だとしても、もう一人の自分をコストとして抱え...

"Hire Us" by Dita Margarita is licensed with CC BY 2.0. To view a copy of this license, visit https://creativecommons.org/licenses/by/2.0/企業が発展するかどうかは、第一にトップの力量です。これは以前にもお話しした通りどんなに優れた企業でも、トップがダメならやがて...

"Steel Worker Houston Texas 1" by billjacobus1 is licensed with CC BY 2.0. To view a copy of this license, visit https://creativecommons.org/licenses/by/2.0/トヨタ自動車が、人に関するコストの資産計上の検討をしているらしいです。さすがだなと思う...

"Vanity Fair" by jurvetson is licensed with CC BY 2.0. To view a copy of this license, visit https://creativecommons.org/licenses/by/2.0/人モノ金の全てにおいて、ミエや体裁をかまっているときではありません。自分たちの収益をもたらすコアは何で、どの様にそこに人モノ金...

"Literacy mountain" by dougbelshaw is licensed with CC BY 2.0. To view a copy of this license, visit https://creativecommons.org/licenses/by/2.0/「情報リテラシー」という言葉があります。私のnoteには毎度登場、おなじみWiKiPediaにはこうあります。...

Lombroso, CC BY-SA 4.0 , via Wikimedia Commons一言で言えば、「社長にしてはいけない人を社長にすると、船の沈没は早まる」と言う事です。この方はもともと文筆業などを主にするべき人で、人の批判は上手でも、自分で経営するのに向いていません。27歳から46歳まで自分の思う様にいかなかったし、2018年と2019年は、判断を間違いやすい時に当たっていました。この方...

"Three Twins Ice Cream" by Akihito Fujii is licensed under CC BY-SA 2.0Three Twinsと言うアイスクリームの店をご存知でしょうか?私の周りでは、結構ここのアイスクリームが評判が良いのです。代官山と新宿に直営店があったのだが、撤収しました。コスメキッチンを運営している会社が日本の事業をやっていた様です。まだコンビニと通販は...

"J.P. Patches' check list" by Seattle Municipal Archives is licensed under CC BY 2.0何か仕事でミスや大きな事故があると、増えるのがこれです。チェックリスト正直にいうと、チェックリストは手抜きです。チェックリストを作った人は、非常に勉強になるし、プロセスとどこを押さえるべきかの勘所を養えてとても為になります。ですがチ...

"Moving out of Iraq" by The U.S. Army is licensed under CC BY 2.0三菱のリージョナルジェットプロジェクト凍結に象徴されるように、現場での対応力はすでにかなり毀損しています。現場に過度に期待するのは、無理がある事を私たちは自覚しければなりません。過度な現場への皺寄せは、終わりのないコスト低減などによって、人材の枯渇を生み、経験の継承など...

"Security" by CarbonNYC [in SF!] is licensed under CC BY 2.0先日、情報セキュリティ大学院大学の内田先生を話していて、今更ながらに再度注目しないといけないと感じたのが、これです。物理セキュリティと論理セキュリティの総点検物理セキュリティとは、情報資産や現物資産に物理的に接触する事や窃盗する事、廃棄する機密文書を廃棄前に撮影したり、詐取する事...

"Who's Watching Big Data?" by cogdogblog is marked with CC0 1.0中国の人たちの動きを見ていると、民族性って本当にあるんだなと感心します。特にデータを集めて自分の都合よく人や子孫を扱おうとする意思は、中国の為政者なら忘れられない夢の様です。中国で遺伝子情報のデータベース化と、カメラによる行動監視、インターネット上の言論監視とそれに基づく「...

"Investing" by InvestmentTotal.com is licensed under CC BY 2.0「投資」と「効果」は、必ずペアで計測されなければなりません。「投資」はリスクマネジメントをお話しする上で、避けられない項目です。闇雲に「投資」をするということは、それを勧める人への手数料だけでもバカにならないばかりか、大体は勧めてこなければ絶対に手を出さないくらいに危険なもの...

"Customer Profile Dimensions" by fogfish is licensed under CC BY-SA 2.0顧客目線とは何でしょう。よく「顧客目線」でとか、「顧客視点」で考えろとか言います。そんなの欲の塊の頭で考えるなんて不可能です。だからコンサルタントという第三者視線が必要なのですが、それは今回の話題ではありません。原価構造と売価のお話は、ここ2回ほど続けていま...

"Profit" by 401(K) 2013 is licensed under CC BY-SA 2.0「商売とは儲けることである。」松下幸之助翁曰く、「利益とは、もっと頑張れと言う社会からの応援」。その通りなのです。第一利益がなければすなわち「儲け」がなければ、活動を永続できません。さてでは「儲け」を出すには、どの様な事をしなければならないのでしょうか?荒利益   = 収入   − 原価(仕...

"AD at New Employee Welcome 13 Nov 2012" by US Department of Education is licensed under CC BY 2.0皆さんの組織の中で辞めてもらいたい人はいませんか?あ。この記事の読者想定は、組織の長か経営者です。日本においては労働慣行や法令の制限がキツくてなかなか人をやめさせられません。従業員側は退職届を出してしまえ...

"Three kinds of software by @Aral Balkan via @WutheringBytes: Enthusiast, Enterprise & Consumer" by dullhunk is licensed under CC BY 2.0(この記事は、2020年11月18日に公表したものです)結局、「会社もしくは自分が何で持って世の中に貢献する=存在理由を持つのか...

"Mass Casualty Incident Training, Mammoth Hot Springs" by YellowstoneNPS is marked with CC PDM 1.0私はリスクマネジメントの専門家ですが、インシデントマネジメントもわりと好きな分野です。何が違うのかというと、リスクマネジメントはリスクが発動しないように管理するのが仕事です。先ず何を想定外とするのかから始...